SRC(SENGOKU RAIDEN CHAMPIONSHIP) - OFFICIAL WEBSITE
戦極 Soul of Fight 12月30日(木) 東京・有明コロシアム チケット販売

選手一覧(FIGHTERS)一覧に戻る

ピーター・グラハム

PETER GRAHAM


生年月日1975年8月5日
出身地オーストラリア/シドニー
身長190cm
体重114kg
所属A・E FACTORY
バックボーン空手 / キックボクシング

【主な獲得タイトル】

2002年 W.B.K.F世界スーパーヘビー級王者
2003年 K-1 WORLD GP in メルボルン 優勝
2004年 Kings of Oceania 王者


 空手、キックボクシングをバックボーンに持ちながら、プロボクサーとしても11戦経験している。"ローリングサンダー"と呼ばれる回転蹴りを得意とし、数々の大物選手をマットに沈めてきた。アマチュアキックボクシングの世界大会で、ヘビー級チャンピオンに輝き、アマチュア戦績12戦無敗で2000年5月にプロ転向。ベン・ハミルトンをドクターストップのTKOで下し、衝撃デビューを飾る。同年11月には初の敗戦を喫したものの、キックボクシング世界8冠王のスタン・ザ・マンと10ラウンドにも及ぶ激戦を繰り広げ、その名を世界に轟かせた。2001年1月には、その年のK-1 WORLD GP王者マーク・ハントを撃破。2002年8月のWKBF世界スーパーヘビー級タイトルマッチでは王座を奪還。2003年7月のKings of Oceaniaは決勝で、ライバルのジェイソン・サティーを下し、見事チャンピオンに輝いた。K-1のリングでは、サム・グレコ、アレクセイ・イグナショフ、バダ・ハリといった実力選手を倒し、レミー・ボンヤスキーやセーム・シュルトといったチャンピオンとも好勝負を演じている。2008年3月「戦極」旗揚げイベントにて、電撃の総合初参戦。その初戦で藤田和之と対戦するも、不慣れなグランド勝負に持ち込まれ、スピニングチョークによる一本負けを喫した。今回は同じキックボクシングをバックボーンに持つモイス・リンボンを相手に、破壊力抜群の打撃が火を吹くか!?

 

大会名 日付 勝敗 対戦相手 結果
戦極~第四陣~ 2008.08.24 × モイス・リンボン 2R0分42秒 TO チョークスリーパー
戦極~第一陣~ 2008.03.05 × 藤田和之 1R 1分23秒 スピニングチョーク
  • SRCとは(SRC戦極について教えます!!)
  • SRCグッズSHOP(SRCオフィシャルグッズをもって、観戦をもっと楽しもう!!)
  • SRC GIRL(SRCを盛り上げるSRC GIRLを紹介!!)
  • MEDIA情報バナー(テレビなどメディアへの掲載情報をお伝えします!)
  • モバイルサイト(MOBILE SITE) - モバイル限定のコンテンツ充実(http://www.sngk.jp)
  • SRC MMA Training Gym
Copyright © 2010 WORLD VICTORY ROAD. All Right Reserved.